【葬儀の準備】お通夜までに遺族がすべきこと

葬儀の業者がやってくれること

葬儀の業者がやってくれることの写真

葬儀社は葬儀のプロフェッショナルです。葬儀にまつわるあらゆることをやってくれます。

例えば、故人が亡くなってすぐ病院から安置施設まで車でお運びする「搬送」から始まり、枕飾りやご遺体の保全処置やお線香などの用具の準備などを伴う「安置」、棺・布団・湯灌などを準備する「納棺」、葬儀を執り行うための祭壇・花・遺影・位牌・供花などの準備をする「会場設営」、さらには「通夜・告別式」のための礼状や返礼品・通夜振舞い・司会・スタッフなどの手配から葬儀の進行、そして後飾りや精進落としなどの「法要」などです。

その他にも、お寺さん(僧侶、お坊さん、牧師)の手配や役所や火葬関係の手続き、さらには喪服や備品のレンタルなど、基本的に基本的に葬儀のことをまったく知らない遺族側が少しでも困ることの無いように万全の準備を整えてくれます。