【葬儀の準備】お通夜までに遺族がすべきこと

お寺さんとは葬儀の日時の相談を

お寺さんとは葬儀の日時の相談をの写真

お葬式を依頼することになるお寺さんには、亡くなってからすぐに連絡を入れてください。

お寺によっては葬儀業者を指定される場合もあるため、菩提寺がある檀家さんであれば、前もって確認をとっておくと良いでしょう。

お寺へ連絡するタイミングは、故人が亡くなり、葬儀の手配をし始めた段階で、できるだけ早く連絡をとりましょう。

ご先祖様からの家系のお墓がある場合はそのお寺に依頼するのがスムーズです。

お寺が遠い場合、近くのお寺に頼む場合がありますが、後々、納骨などの際にトラブルになることがあるので、必ずその旨を代々のお寺さんに相談するようにしてください。

特にお願いするお寺が無い場合は葬儀業者に相談すれば、故人様の宗派に合わせてお寺さんを紹介してくれますので遠慮せずに相談しましょう。

なお、その場合はお布施の金額もだいたい決まっているので、事前に聞いておくと安心です。

また、菩提寺がある場合は基本的にそのお寺にお葬式を依頼するようにしてください。

なお、そのお寺さんとのお付合いを続けていくつもりがなかったり、お墓の引越しを考えているのであれば、その限りではありませんので、菩提寺には生前から相談をしておきましょう。

宗派がなかったり、わからなかったりする場合は、無宗教での葬儀も可能です。故人や遺族の希望を葬儀業者に伝えれば、たいていの業者は相談にのってくれるはずです。

今日では、一般的な「仏式」に限らず、自由な形での葬儀が普及していますので、希望を伝えて、遺族にとって無理の無い葬儀をしましょう。

お願いしてよかった、と思える葬儀社を選ぶなら葬儀 川崎のグランドセレモニーを是非チェックしてください。