【葬儀の準備】お通夜までに遺族がすべきこと

危篤・臨終の連絡を受けたら早めの連絡をの写真

危篤・臨終の連絡を受けたら早めの連絡を

危篤や臨終を医師から告げられた場合は、可能な限り早期に親戚や親しい人(最期の別れをしていただきたい人)に連絡をしてください。これは早ければ早いほど良いので、簡潔に事実だけをお伝えするようにしてください。

危篤や臨終のお知らせ連絡をどの程度すればよいかというと、両親、配偶者、兄弟、子供といった、ご本人と近しい関係の人を優先しましょう。

ご友人など不特定多数の集団の場合は、代表者に頼んで連絡をしてもらうようにしましょう。この場合の連絡手段は状況に応じて上手に選択すべきですが、メールでの一斉送信は相手が見ていない可能性が高いので、特に危篤の場合は時間が迫っているので、電話で連絡をとるようにしてください。

連絡をする時間帯についてですが、危篤の場合は深夜や早朝であっても迷惑ではありません。なお、亡くなった場合、時間が深夜帯であれば、翌朝まで待って連絡をとった方が良いです。もし電話で連絡がつかなかった場合は、留守電に入れるか、メールやファックスでの連絡でも結構です。その場合は「電話をしたが、不在であった旨」を必ず一文を添えるようにしましょう。

ご友人やご近所への連絡は、お通夜や告別式などの葬儀の日程が決まってからで大丈夫です。

仕事関係の人への連絡は、上司・部下など仕事を一緒にしている代表の人に早めに連絡をとっておきましょう。

また、葬儀の期間などある程度のスケジュールを伝えておくと、相手方の仕事の割り振りもでき、迷惑をかけずに済みます。

葬儀の相談は急でも大丈夫。24時間365日、柔軟に応対してくれる無料相談受付の東京の葬儀社東京の葬儀社グランドセレモニーなどがオススメです。

神奈川での格安の葬儀ならここがオススメ
https://www.grandsougi.co.jp/index_kanagawa.html