【葬儀の準備】お通夜までに遺族がすべきこと

失敗しない葬儀社の選び方

失敗しない葬儀社の選び方の写真

人が亡くなって何をすべきかわからない時、何も考えられない時、とても頼りになるのが葬儀社です。

ご遺体の搬送や安置からはじまり、葬儀から納骨、法要まで、葬儀にまつわるありとあらゆること相談できるのが葬儀社ですので、信頼できる業者を選びましょう。

とはいえ、どのような基準で選べば良いのか、まったく見当もつかない方がほとんどでしょう。

ここではいくつかのポイントに絞ってご説明します。

まず、葬儀社に相談するタイミングは、故人が死亡して死亡診断書を医師または病院から受け取った後がベストです。(その前に、事前に不安な点や疑問点を相談しておくのはいっこうにかまいません)

なお、葬儀業者が特に決まっていない場合は病院から提携の葬儀社を紹介してもらうこともできます。

どこの葬儀社に依頼するかは複数の葬儀社に見積もり相談をしてからでも遅くはありません。ほとんどの葬儀社は無料で相談や見積提示をしてくれるので、遠慮せずに相談しましょう。

なお、その際に気をつけることは、後々追加料金が発生する可能性のある項目を確認し、合計金額だけではなく、内訳もできるだけ詳細にもらうようにしましょう。

さきほど「病院から葬儀社を紹介してもらえる」と書きましたが、病院から紹介してもらう葬儀社を断って、自分で探した葬儀社を利用することはまったく問題ありません。

また、病院からの搬送や安置だけをその葬儀社に頼んで、後からじっくり葬儀業者を見当し、依頼し直す、というのも別段問題はありません。